華とじぃじの中学受験

架空の公立中高一貫校「早乙女中学校・高等学校」を受験する女の子と祖父の物語

*

華・100ます計算に挑戦する

「ただいまー」華が道場に帰ってきました。 じぃじはお客さんとお話中でした。華がペ …

華・ばぁばから力をもらう

まだ建設中の早乙女中の下見を済ませた華とじぃじは、本屋さんに立ち寄りました。 早 …

華・オトメ中の下見に行く

「じぃじ、華ね、オトメ中を受けるんだ!」 それを聞いたじぃじは「ほーっ、大したも …

華・オトメ中と出会う

「6年生5年生対象!オトメ中模試!」 その言葉を聞いたママは、夕飯を作る手を止め …

華・工夫と改善を身につける

美化係の仕事は、やってみると意外と楽しい仕事だという事が分かりました。 他人から …

華・クラス運営に協力する

翌日の学級会で、華は真っ先に美化係に立候補しました。 美化係。それはみんなが嫌が …

華・みんなが嫌がる仕事を引き受ける

早起きを続けていると、華は身体の調子がとてもいい事に気がつきました。まずごはんを …

華・魔法を憶える

「ただいまー」そう言って華はじぃじの道場に入ってきました。ママが帰ってくるのは5 …

華・朝食をきちんと食べる

「華、おはよう!」幼馴染のハルトが声をかけてきました。 「ハルト、おはよう!」華 …

華・早寝早起きを始める

「夏菜さん、ちょっといいか?」夕飯が終わり、洗い物を終えた頃、じぃじは華が住んで …