華とじぃじの中学受験

架空の公立中高一貫校「早乙女中学校・高等学校」を受験する女の子と祖父の物語

*

「 二華中 」 一覧

華・マーキングを覚える

じぃじの採点が終わりました。点数は30点でした。 30点という点数を聞いた華は、 …

華・採点者の立場に立つ

「それまで!」じぃじは掛け声と同時に、道場にある太鼓を「ドン!」と打ち鳴らしまし …

華・過去問を解いてみる

「始め!」じぃじは掛け声と同時に、道場にある太鼓を「ドン!」と打ち鳴らしました。 …

華・将来の夢と出会う

華はじぃじに連れられて色んな職場を見て、一番興味を示したのが建築士でした。 まだ …

華・いろんな職業を体験する

小学校がお休みの日は、じぃじは華をいろんなお店や工場に連れて行ってくれました。そ …

華・計算のスピードを上げる

100秒の壁にぶちあたった華。目標は60秒ですから、あと40秒を縮めなければなり …

華・計算ミスを減らす

6年生になってから1ヶ月程が過ぎ、朝の散歩も汗ばむようになりました。 華の100 …

華・100ます計算に挑戦する

「ただいまー」華が道場に帰ってきました。 じぃじはお客さんとお話中でした。華がペ …

華・ばぁばから力をもらう

まだ建設中の早乙女中の下見を済ませた華とじぃじは、本屋さんに立ち寄りました。 早 …

華・オトメ中の下見に行く

「じぃじ、華ね、オトメ中を受けるんだ!」 それを聞いたじぃじは「ほーっ、大したも …