華とじぃじの中学受験

架空の公立中高一貫校「早乙女中学校・高等学校」を受験する女の子と祖父の物語

「 受験 」 一覧

華・うさぎとかめのおはなし その1

ドッジボールの一件があってから、華に対するアヤネのイジワルはだんだんとひどくなっ …

華・本番に挑む(夢オチ)

ついにこの日がやってきました。 華はいつも通り起きて、いつも通り散歩して100ま …

華・面接を受ける その2

「ただいm・・・ヒッ!」 華が小学校から帰ってきました。 するとじぃじがきちんと …

華・面接を受ける その1

「コンコン。失礼します」 華が震える手で扉を開け、会議室に入ってきました。 広い …

華・勉強の記録を残す

ある日華は、じぃじからちょっと分厚い手帳をもらいました。 「???じぃじ、これな …

華・勉強の習慣が身につく

早起きして、100ます計算と漢字100問を解いて、ご飯を食べて学校に行く。 学校 …

華・受験にITを活用する

「杜都、ちょっといいか」 じぃじが華のパパを呼びました。普段あまり会話のない二人 …

華・漢字100問プリントを始める

「華、これ見てみ」 そういってパパが差し出したのは、空欄を埋める形式の漢字プリン …

華・ケアレスミス対策を教えてもらう

華はじぃじから、◎△×に分類した問題のうち、×と△に対する対策を聞きました。 で …

華・あいまいな問題への対策を身につける

過去問を解いて採点したら、切り抜いてノートに貼り付け、◎(わかってて正解・不正解 …