華とじぃじの中学受験

架空の公立中高一貫校「早乙女中学校・高等学校」を受験する女の子と祖父の物語

「 過去問 」 一覧

華・未来問を手に入れる その4

華はじぃじの過去の経験を聞いて、過去問の活用方法がおぼろげながら分かってきました …

華・未来問を手に入れる その3

    じぃじが受けた建築関係の講習会。その最後の試験で、受 …

華・未来問を手に入れる その2

「若いころな、建築関係の資格を取るのにな、講習会に通ったんだな。」 じぃじが姿勢 …

華・未来問を手に入れる その1

  華がオトメ中の適性検査(受験本番)に向けて、じぃじが買ってくれた銀 …

華・受験にITを活用する

「杜都、ちょっといいか」 じぃじが華のパパを呼びました。普段あまり会話のない二人 …

華・過去問の活用方法を知る

華が解いて、じぃじが採点した公立中高一貫校の過去問。赤ペンで○や×がつけられてい …

華・マーキングを覚える

じぃじの採点が終わりました。点数は30点でした。 30点という点数を聞いた華は、 …

華・採点者の立場に立つ

「それまで!」じぃじは掛け声と同時に、道場にある太鼓を「ドン!」と打ち鳴らしまし …

華・過去問を解いてみる

「始め!」じぃじは掛け声と同時に、道場にある太鼓を「ドン!」と打ち鳴らしました。 …

華・ばぁばから力をもらう

まだ建設中の早乙女中の下見を済ませた華とじぃじは、本屋さんに立ち寄りました。 早 …